衆院選

金子恵美氏の敗退確実 「不倫」宮崎謙介氏の妻 新潟4区は菊田真紀子氏

対抗候補の小選挙区での当選確実が伝えられ、厳しい表情で報道番組を見守る自民党・金子恵美氏の支援者ら=22日午後、新潟県三条市(桐原正道撮影)
対抗候補の小選挙区での当選確実が伝えられ、厳しい表情で報道番組を見守る自民党・金子恵美氏の支援者ら=22日午後、新潟県三条市(桐原正道撮影)

 第48回衆院選の投票は22日午後8時に締め切られ、開票の結果、新潟4区で無所属前職、菊田真紀子氏(47)の当選が確実となった。自民前職、金子恵美氏(39)は敗退する見通しとなった。

 金子氏の夫、宮崎謙介元衆院議員(36)は平成28年2月、金子氏が出産のため入院している間に自宅に女性を宿泊させたと週刊誌に報道され、不倫を理由に議員辞職。一方、金子氏本人は今年6月、長男を保育所に送迎する際に公用車を使用していたことが週刊誌で批判された。ルール上問題はないものの本人が今後使用しないという形で決着したが、女性活躍推進の観点から賛否双方の議論を呼んだ。

会員限定記事会員サービス詳細