上野パンダ

ママ大好き、後追いも シャンシャン生後130日「いろいろなものに興味」

 上野動物園(東京都台東区)は21日、生後130日を迎えたジャイアントパンダの子供、シャンシャン(香香、雌)の近況を発表した。足取りがしっかりして段差を越えられるようになり、産室を動き回って母親のシンシン(12歳)の後を追ったり、じゃれついたりしている。

 20日の身体検査では、体重は10日前より900グラム増え8・6キロ、体長は4・4センチ伸びて74・2センチとなった。動物園が公開した動画には検査中、向けられたカメラに近づき、不思議そうに見つめるシャンシャンの様子も写っている。

 金子美香子教育普及課長は「目もしっかりと見えており、いろいろなものに興味を示している。母子の絆も深まっているようだ」と話した。

 動物園は生後6カ月となる12月ごろから、母子の一般公開を始めることを検討している。

会員限定記事会員サービス詳細