衆院選

ゴジラ出現で自衛隊派遣あり? 18歳の政権選択 教育現場が討論の場に

 18歳選挙権が国政選挙で初めて導入された昨年7月の参院選で、18歳の投票率が約35%と全国最低だった高知県。選挙区が徳島県と合区となり、高知県出身の候補者がいなかったため投票率が振るわなかったとされる。

 同県では参院選の結果を踏まえ18歳有権者の投票率アップに向け高校への出前授業を増やす予定だったが、突然の衆院解散に伴って県選管の事務作業が急増し、出前授業が中止されるケースも。県内の男性高校教諭は「授業での準備が間に合わず、生徒の投票意識がどこまで高まるかわからない」と漏らした。

会員限定記事会員サービス詳細