拉致被害者帰国15年

蓮池薫さん「北指導部は被害者を把握。再調査は不要」 単独インタビュー…近く交渉局面と分析

 一方で「政府は局面が来れば被害者を一挙に返す戦略、準備が必要。どれだけ真剣にやっているか見えず動きが伝わってこないのは、(未帰国被害者の)ご家族がつらい思いをされる大きな原因だ」とも語った。

 蓮池さんは昭和53年に拉致された。現在、新潟産業大学准教授を務めている。

 蓮池さん夫妻拉致事件 昭和53年7月31日夕、新潟県柏崎市の中央海岸で当時大学生だった蓮池薫さんと会社員の祐木子さんが北朝鮮に拉致された。同時期には福井県小浜市や鹿児島県日置市でカップルが連れ去られるなど拉致が多発した。日本の警察当局は蓮池さん夫妻の拉致に関与したとして、工作員のチェ・スンチョル、対外情報調査部指導員のハン・クムニョンとキム・ナムジンら3容疑者を特定し、平成19年までに国外移送目的略取容疑などで国際手配した。

会員限定記事会員サービス詳細