【クローズアップ科学】日欧の水星探査機が来年出発 太陽系外の地球にも迫る(1/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

クローズアップ科学

日欧の水星探査機が来年出発 太陽系外の地球にも迫る

【クローズアップ科学】日欧の水星探査機が来年出発 太陽系外の地球にも迫る
【クローズアップ科学】日欧の水星探査機が来年出発 太陽系外の地球にも迫る
その他の写真を見る (1/5枚)

太陽に最も近い惑星の水星を調べる日欧共同の探査機が来年10月に打ち上げられる。人類史上3回目の水星探査で、ベールに包まれた磁場のメカニズム解明に挑む。「灼熱の惑星」の素顔は、太陽系以外の惑星の理解にも役立ちそうだ。

地表温度は400度

水星は太陽系で最も小さい惑星で、サイズは月より少し大きい程度。太陽系の最も内側を回っており、昼間の地表温度は400度にも達する。

日欧が挑むのは探査計画「ベピコロンボ」。水星の自転周期と公転周期の関係を明らかにしたイタリアの数学者、ジュゼッペ・コロンボ氏(1920〜84年)にちなんで名付けられた。

日欧が探査機を1機ずつ開発し、欧州の大型ロケット「アリアン5」で南米の仏領ギアナから同時に打ち上げる。宇宙航空研究開発機構(JAXA)は磁場や大気などを調べる探査機「MMO」、欧州宇宙機関(ESA)は地形や重力などを観測する探査機「MPO」をそれぞれ開発。2025年12月に水星に到着し、別々の軌道を周回して1〜2年にわたり観測を続ける計画だ。