藤井聡太四段「印象深かった加藤九段との対局」「10代でトップレベルにならないと」 プロ入り1年インタビュー詳報

 --新聞やテレビで連日報道されました。普段の生活で変わったことは

 藤井 いや、普段はそれを意識することは少ないというか。もちろん変わった部分もいろいろありますけど。うーん、まあそうですね。(強くなるという)目指してくところは変わりないので

 --友達はどんな反応ですか

 藤井 学校ですと、将棋に詳しい友人というのもいないので。「すげーじゃん」と言ってくれるというのはありますね

 --自然に接してくれているのですね

 藤井 そうですね

 --いろんなところで声をかけられるのでは

 藤井 「頑張って」と声をかけられるのはたまにあります

 --羽生善治棋聖が「ひのき舞台で待っている」とコメントしていますが、タイトル戦で戦いたいですか

 藤井 やっぱりタイトル戦は特別だと思うので、もっと実力をつけてタイトル戦で戦えるように頑張りたいと思います

課題は秒読みの安定した指し手

 --これまで6敗しましたが、相手は豊島将之八段ら20代の勢いある棋士ばかり。敗因に共通しているものはあるのでしょうか

 藤井 そうですね…。勝ち負けに理由が全てつくものでなくて、もちろん悪手を指したから負けるというのはありますが、共通点となると難しい…自分の実力という感じです

会員限定記事会員サービス詳細