川でごみ拾いの男子中学生が流され死亡 埼玉・久喜

 13日午後2時10分ごろ、埼玉県久喜市菖蒲町上大崎の星川で同市の男子中学生(14)が流された。約1時間15分後に約5メートル下流で発見、病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。

 久喜署によると、男子生徒は友人と川のごみ掃除のために訪れ、ごみを拾おうとして川へ入ったところ、水位の深いところに足を踏み入れ、流されたという。男子生徒は溺死した可能性が高いとみている。