【鉄道の日】大正時代は「御辨當」〜駅弁の「掛紙」、元国鉄マンが集めた1万枚!(1/5ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

鉄道の日

大正時代は「御辨當」〜駅弁の「掛紙」、元国鉄マンが集めた1万枚!

【鉄道の日】大正時代は「御辨當」〜駅弁の「掛紙」、元国鉄マンが集めた1万枚!
【鉄道の日】大正時代は「御辨當」〜駅弁の「掛紙」、元国鉄マンが集めた1万枚!
その他の写真を見る (1/6枚)

 鉄道での長旅に欠かせないのが、土地の味覚がぎっしり詰まった駅弁。その魅惑の中身…ではなく、弁当箱に掛けられている「掛紙」に魅せられた元国鉄マンがいる。東京都府中市の元JR東日本社員、泉和夫さん(61)。全国をめぐり、ネットオークションに目を光らせ、これまで1万枚以上を集めた。「観光名所から時代背景まで、さまざまな物が描かれた掛紙は歴史の証なんです」。一体、1枚1枚からどんな歴史が見えるのか。日本の鉄道は今年で145年目を迎える。10月14日の「鉄道の日」に合わせ聞いてみた。(社会部 市岡豊大)

鉄道の変遷映し出す

 七福神の1人、布袋が大きく描かれたコレクションの1枚は、大正初期に国鉄北陸線今庄駅(福井県南越前町)で販売されたもの。旧字体で書かれた「御辨當(おべんとう)」の文字が歴史を感じさせる。販売元の「大黒屋」は明治29年から同駅で駅弁販売を始めた旅館「高野商店」の屋号だという。

 この高野商店、鉄道輸送の変遷とともに拠点を転々とし、現在も加賀温泉駅で販売を続ける。北陸線は敷設当時、勾配がきつく、蒸気機関車(SL)の燃料補給場所やスイッチバックが多く存在した。

 しかし昭和37年、トンネルの開通で燃料補給が必要なくなった今庄駅では停車時間が大幅に短くなり、高野商店は大聖寺駅へ移転。さらに42年には特急電車が停車するようになった加賀温泉駅へ移った。当時の掛紙に書かれた北陸線の駅のうち、すでに7駅は廃止されている。