今年はフルーツ鍋が来る!? ぐるなび発表 管理栄養士もオススメ

 具材に合った鍋つゆ選びも楽しみの一つ。ここにも新しい流れがあり、ミツカン(愛知県半田市)広報部の花園奈央子さんはこう説明する。「焼きあご、カモなど、いわゆる王道じゃないだしが注目されています。ちょっとぜいたくな鍋を楽しみたいと、500円前後の高価格帯のつゆも人気を呼びそうです」

 雑炊やうどんが定番の締めにも変化が。同社では、残ったつゆを使い、まったく異なる料理に仕立てて2度楽しむスタイルを提案する。例えば、だしのうまみが利いた「焼あごだし鍋」は、残ったつゆに冷凍のタコ焼きを入れて明石焼き風に。「地鶏塩ちゃんこ鍋」は、粗熱を取ったつゆに溶き卵を混ぜて弱火にかけた後、蒸らせば土鍋茶碗(ちゃわん)蒸しが出来上がる。

 「鍋を作る際にまず『締め』から考え、楽しみ方を広げてみてはいかがでしょうか」(花園さん)