軍事ワールド

韓国と北朝鮮 映像で精強ぶりをアピールも、その内幕は…

 核・ミサイル実験を繰り返す北朝鮮が24日、新たに米国を挑発する映像を公開した。米空軍の爆撃機B-1B「ランサー」を撃墜したり、ホワイトハウスを弾道ミサイルで炎上させる場面が合成で描かれたもの。一方の韓国は建軍記念日のイベントで瓦割りを披露する隊員たちを公開。南北とも映像で精強ぶりをアピールするのだが、内実は正反対とも言えそうな貧弱ぶりも伝わってくる。映像合戦の内幕は-。(岡田敏彦)

準ステルス

 北朝鮮が仰々しく公開した映像では、米国の大型爆撃機B-1Bを空対空ミサイルで撃墜する様子が映っていた。ネット上では「合成のつくりが雑すぎる」と話題になったが、北の防空・迎撃体勢も同様に粗雑だった。

 9月23日、米軍がグアムのアンダーセン空軍基地に配備されているB-1Bを今世紀に入ってから南北の軍事境界線を越えて最も北方まで進入させ示威飛行を実施したが、北朝鮮軍は気付いていなかった。ロイター通信は韓国情報筋の話として「北朝鮮では電力不足でレーダーを常時稼働させることができないためだ」と説明しているが、北が反応できなかった理由はB-1Bのステルスぶりにもありそうだ。

 ステルス機とは敵レーダーに映らないよう、機体の外形や素材を工夫した航空機で、世界で最初に実用化されたF-117ナイトホークは1991年の湾岸戦争でレーザー誘導爆弾による精密爆撃で名を馳せた。一方でB-1Bは、純然たるステルス機ではないものの、ある程度のステルス性能は備えている。最初に開発されたB-1「A」は米軍の方針転換で開発中止されたが、「B」として開発計画が復活する際にステルス性を付与されているのだ。

会員限定記事会員サービス詳細