【衆院選】「大将」を奪われた遺恨? こころ・中野正志代表が希望・小池百合子代表に集中砲火 - 産経ニュース

メインコンテンツ

衆院選

「大将」を奪われた遺恨? こころ・中野正志代表が希望・小池百合子代表に集中砲火

党首討論会に臨む、日本のこころの中野正志代表=8日午後、東京都千代田区のプレスセンター(宮崎瑞穂撮影)
党首討論会に臨む、日本のこころの中野正志代表=8日午後、東京都千代田区のプレスセンター(宮崎瑞穂撮影)

 衆院選を控えた与野党8党首による8日の党首討論会では、日本のこころの中野正志代表が、希望の党の小池百合子代表(東京都知事)に厳しい質問を浴びせる場面が目立った。日本のこころは中山恭子前代表が離党し、希望の党に参加したばかりで、「大将」を奪われたしこりは消え去っていないようだ。

 他党の党首を指名して質問をぶつけるコーナーで、中野氏が真っ先に選んだ相手は小池氏だった。小池氏と民進党の前原誠司代表による合流協議を「密室政治」と断じ、説明を迫った。

 これに対し小池氏は「合流ではない。基本的な考え方が一致した方々にお入りいただいている」ときっぱり否定。中野氏は、小池氏に対する都庁職員の評価が歴代都知事より低いとする報道も持ち出して質問を重ねたが、小池氏は「職員の満足と都民の満足は別の話だ」とかわした。