【党首討論会詳報(3)】日本のこころ・中野正志代表「立憲民主党は菅直人内閣そのもの」(3/10ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

党首討論会詳報(3)

日本のこころ・中野正志代表「立憲民主党は菅直人内閣そのもの」

 同時に、借金返しもしていくことによって、財政大丈夫か、この2つの不安にこたえることによって、消費を進めていきたいと考えています。もう1点。われわれはまず、すでに連合とも合意をいたしました。時間外の長労働の上限を決めました。こうやって働き過ぎを変えていく、そしてまたブラック企業等に関しては、罰するものは罰する、取り締まることは当然のことではないかと思います。同時に、多様な働き方になっていくことで、女性も高齢者も仕事を持つことができる、持ち続けることができるのではないか、このように考えております」

 社民党・吉田忠智党首「小池(百合子・希望の党)代表に原発について質問いたします。小池代表が原発ゼロを掲げて衆院選の大きな争点になってよかったと思います。ただ、小池代表は原発再稼働は認める立場。先般、原子力審議会で東京電力柏崎刈羽原発6号、7号について新基準に適合しているという報告が出されました。東京都は東京電力の最大の株主だ。このことについて、どう思われるか。ぜひ、再稼働についても駄目だというふうに方向を修正していただきたい。そうすると、私たちと脱原発社会に向けた政策、方向性が一致するのでともに共闘できると思うが、その点いかがでしょうか」