速報

速報

日本、先制点許す

党首討論会詳報(3)

日本のこころ・中野正志代表「立憲民主党は菅直人内閣そのもの」

 松井氏「志位さんにお願いします。先ほど志位さんから、大阪での維新の政治はひどいといわれました。大阪の経済指標は上がっているし、われわれがやっていることは、税金で生活している側に厳しくして財源を生み出し、教育無償化を高等教育まで実現している。これ、どこがひどいのかよくわかりません。共産党はよく、政党助成金をもらっていないから、一番、政党としては国民目線とかいいますが、国会議員の文書通信交通滞在費、これは経費です。世の中、民間で領収書がない経費なんかありません。共産党のみなさんは、そこまでいうなら領収書を公開すべきだと思うがいかがでしょうか」

 志位氏「文書通信交通滞在費は、これは公開していきたいと思います。なぜひどいかと、いろんなことをいわれました。高校の授業料はいいですよ。しかし、私が言ったのは自治の問題なんです。1人の司令官がお金も権限も吸い上げてしまおうと。自治をバラバラにしてしまおうと。堺も吸収・合併してしまおうと。このやり方というのは、私は地方自治の原則に反するといっております。だからこそ、堺で審判が下ったじゃないですか。あなた方は審判を受け止めるべきです」

会員限定記事会員サービス詳細