ノーベル賞

創価学会インタナショナルの池田大作名誉会長がICANに祝電「受賞は何ものにも代えがたい喜び」

 ノーベル平和賞を受賞した「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)と連携し、核兵器廃絶への運動をともに進めてきた創価学会インタナショナル(SGI)の会長を務める創価学会の池田大作名誉会長が6日夜、ICANに祝電を送った。

 メッセージでは「この受賞に、核兵器の廃絶を求めてきた全ての関係者、なかんずく被爆者の方々とそれに連帯する市民社会のメンバーは、どれほど勇気付けられることでしょう。受賞は何ものにも代えがたい喜びであります」と祝福している。

会員限定記事会員サービス詳細