衆院選

民進・前原誠司代表「地方参政権、在日の方に認めるべきだが…」 ぶら下がり取材詳報

 --一連の流れの評価は

 「私としては民進党の代表だ。そして今まで民進党の候補として、活動していた方々すべてを合流という方向にもっていきたかったわけだが、なかなか、今も努力しているが、すべて全員という形には、立憲民主党の誕生も含めていかなかった。残念な気持ちだ。衆院選というのは小選挙区が中心なので、1対1の対決に持ち込むことが大事なので、基本的には、昔の仲間だし、長年協力してきたものなので、枝野(幸男)さん、長妻(昭)さん、近藤(昭一)さんのところには、もともと小池さん側からこういう人を立てたいという話があって、わわれは、是非枝野さん、長妻さん、近藤さんをということを申し上げてきたが、別の党を立てるということになれば、それは小池さん側の候補者を立てざるを得ない。しかし、ほかのところについては、1対1の構図に持ち込むということの中で、どうやって安倍政権を倒すかということを、これからしっかりとさまざまな勢力との協力の中で行っていきたい」

会員限定記事会員サービス詳細