【就活リサーチ】イマドキの内定式(1/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

就活リサーチ

イマドキの内定式

 10月といえば内定式のシーズン。就職活動を終え、内定式に参加した方も多いのではないでしょうか。

 内定式では、社長からの講話や内定証授与が行われ、その後、懇親会などを行うのが一般的です。内定式以前にも、メールやSNSで企業と連絡を取り合ったり、先輩社員とすでに交流を深めていたりするケースもありますが、経営陣と内定者が一堂に会する機会はなかなかありません。今年は売り手市場のため、内定式直前には学生からの辞退の連絡が増えます。内定式に参加してもらえると、採用担当者としても少し安心できることから、非常に大切な日と捉えている企業は多くあります。

 全国に内定者がいる場合、内定式は将来の同期と会える貴重な機会です。「面接では緊張して社長の顔がこわもてに見えていたが、近所のおじさんのように和やかでした」などと選考とは違った感想が寄せられます。

 内定式当日、先輩社員との懇親の時間を設けている企業もあります。仕事や社内の様子だけでなく、入社後に1人暮らしをするのにお勧めの沿線や、仕事で着る服はどんなお店で買っているか、といった話まで、ざっくばらんに教えてもらった人もいました。