【衆院選】維新新人・西村恵美氏、福島2区で出馬 「四足のわらじをはく」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

衆院選

維新新人・西村恵美氏、福島2区で出馬 「四足のわらじをはく」

記者会見で、福島2区からの出馬を表明する維新・新人の西村恵美氏=3日、福島県庁
記者会見で、福島2区からの出馬を表明する維新・新人の西村恵美氏=3日、福島県庁

 大手自動車メーカー勤務の西村恵美氏(54)=東京都世田谷区在住=が3日、福島県庁で記者会見し、日本維新の会公認の新人として、福島2区から出馬すると表明した。西村氏は、小池百合子都知事が設立した政治塾「希望の塾」の1期生。

 会見で「女性の生きづらい社会を変えたい」と強調し、議員報酬カットなどの行政改革、子育て無償化など7つの政策を掲げ、選挙戦に臨むという。憲法改正や安保法制にも賛成の立場をとる。

 また、原発については「直ちに止めると産業が滞る」としたが、「速やかに代替可能なクリーンエネルギーに切り替えていくべきだ」との考えを示した。

 西村氏は、4人の子供を持つシングルマザーで、現在、中央大大学院の博士課程にも在籍。「小池さんは運動靴とハイヒールの2足をはくといったが、私は会社員、母親、大学院生、そして、衆院議員の4足のわらじをはき、がんばっていきたい」とも述べた。

 西村氏は、宮城県松島町出身。中央大大学院修士課程修了。大手情報会社、通販会社などでの勤務経験もある。