大阪府が「子供貧困対策基金」創設へ、松井知事が議会で答弁

 大阪府の松井一郎知事は2日の定例府議会本会議で、子供の貧困対策支援を行うための基金を新たに設ける方向で検討していく方針を示した。大阪維新の会府議団の中司宏政調会長の代表質問に答えた。

 中司氏は「子供の貧困問題は社会全体で取り組むべき課題。民間の資金を集め、しっかりと子供の貧困対策に広げる取り組みも重要だ」と述べ、子供の貧困対策を目的とした新たな基金創設の必要性を指摘した。

 これに対し、松井知事は「子供の貧困対策に貢献したいという府民の思いをしっかりと受け止める仕組みは重要」と理解を示し、基金の創設について「既存の基金とのすみ分けや、どういった取り組みに対して基金を充てるべきかなど課題を整理した上で、具体的な内容について検討を進めたい」と答弁した。