ポテサラ、加熱食品で分かったO157の怖さ 危ないのは夏だけではない 調理で注意はズバリこれ!

ポテサラ、加熱食品で分かったO157の怖さ 危ないのは夏だけではない 調理で注意はズバリこれ!
ポテサラ、加熱食品で分かったO157の怖さ 危ないのは夏だけではない 調理で注意はズバリこれ!
その他の写真を見る (1/6枚)

 埼玉、群馬両県で販売された総菜店の商品が原因とみられる腸管出血性大腸菌「O157」による集団食中毒。東京都内の3歳女児が死亡。する最悪の事態となったが、感染源の特定にはいまだいたっていない。O157の怖さが改めて浮き彫りとなった。O157による食中毒は夏から秋にかけて多発する。が、ピークを過ぎた冬でも感染者の報告はある。継続的な注意が必要だ。

集団食中毒検証 トングが悪いのか?

 O157は、牛などの腸管内にいる菌。これまで国内で起きたO157の感染事例で原因食品と特定、あるいは推定されたものは、井戸水▽ハンバーグ▽レバ刺し▽カイワレ大根▽サラダ▽白菜漬け▽キュウリのあえ物-など多岐にわたる。

 野菜はきれいに見えても、牛糞で作られた堆肥の発酵が不十分で菌が残っていたり、牛の排泄(はいせつ)物が農場内に流れ込んだりするなどで、O157に汚染されていることがある。O157は加熱によって死滅するが、汚染された野菜を生で食べるサラダやあえ物は感染のリスクが高いのだ。

 しかし、今回の集団食中毒で死亡した女児が食べたのは、エビの炒め物やきんぴらなど加熱調理された料理。汚染は加熱調理後の可能性が高い。そこで疑惑の目が向けられたのが、取り分けに使われたトングだ。

 感染者11人を出した前橋市の総菜店を検査した前橋市保健所は、トングの扱いをはじめ、ずさんな衛生管理態勢による二次汚染を強く疑った。

 ただ、NPO法人「食の安全と安心を科学する会」の山崎毅理事長は「トングは二次汚染にかかわった可能性はあるが、根本原因ではない。最初の汚染が防げていれば、二次汚染もないわけで、トングばかりに注目するのは意味がない」と指摘する。