日曜に書く

北朝鮮に脅され〝人質〟に取られたオリンピック 論説委員・佐野慎輔

ふと思いつき、書棚をあさった。オリンピック関連本の奥から掘り出したのは、『オリンピックの身代金』(奥田英朗著、角川書店・2008年)。翌年に吉川英治文学賞をうけ、その後、テレビドラマ化されたからご存じの方も多いだろう。

小説が描く64年夏

舞台は1964年夏の東京。10月のオリンピック開催に向けて、変貌を遂げていく都市で爆弾事件が起きた。同時に、警視庁宛てに脅迫状が届く。

「小生 東京オリンピックのカイサイをボウガイします」

「草加次郎」を名乗る犯人とは…いや、これ以上書くと営業妨害になるからよそう。

その「草加次郎」は、大学時代の恩師に宛てて長い手紙をしたためる。そしてオリンピックへの思いをこう語った。

「唐突ですが、先生は東京オリンピックをどうお考えでしょうか。わたしは、国際社会への進出ではなく、西欧的普遍思想への無邪気な迎合であると思えてなりません」「急造の建築物に、西欧都市を装いたくてしょうがない東京の歪(ゆが)みが表れています。そしてその巨大で美麗なコンクリートの塊に、現実の日本は覆い隠され、無視されようとしています」「労働者たちは搾取の底辺にいます。彼らは羊のようにおとなしくしています。オリンピックは一時の飴(あめ)と言うことなのでしょう」