ごみ回収会社に女性3人チーム…その名は「さくら」作業着や車ピンク色に 兵庫・西宮(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

ごみ回収会社に女性3人チーム…その名は「さくら」作業着や車ピンク色に 兵庫・西宮

今月から収集業務を始めた「さくらチーム」所属の女性従業員ら=兵庫県西宮市
今月から収集業務を始めた「さくらチーム」所属の女性従業員ら=兵庫県西宮市

 兵庫県西宮市鳴尾浜の家庭・事業ごみ回収会社「大栄」に女性従業員3人によるごみ回収チーム「さくらチーム」が発足し、9月から業務を始めている。作業着やごみ回収車は市民に親しみやすいようにとピンク色に統一。男性の職場というイメージの一新を狙う。女性従業員らは「私たちの姿を見て、この業界に興味をもってくれたら」と話している。

 市から委託を受ける同社は、同市羽衣町や甲子園口などのエリアで家庭ごみを回収する業務を行っている。従業員約70人のうち女性が6人在籍。2年ほど前からシャワー室を完備する女性専用の更衣室を設けるなど、女性が働きやすい環境づくりを進めている。

 さくらチーム発足は昨年12月から今年3月にかけ、24〜26歳の女性3人が入社したのがきっかけ。業界イメージの刷新を狙い、女性3人組の回収チームを立ち上げたという。

 チーム名の「さくら」は市花にちなんで命名。回収車もピンク色に改装した。作業着は3人がデザインを考え、ピンク色の生地にサクラの花びらがプリントされている。

 ごみの回収は、運転手も一緒に降りて集められたごみを回収車に入れていく。スピードを保ちつつ、丁寧な運転と回収を心がけているという。