浪速風

前原代表が予言していた「希望」合流

今にして思えば、昨年の民進党代表選での前原誠司氏の政見が暗示的である。「分断を乗り越え希望を分かち合う社会へ」。まさかこの事態を予期していたのではあるまい。代表に就任早々、衆院選に公認候補を立てず、小池百合子東京都知事が結成した「希望の党」に合流するという。

▶あっけにとられた。仮にも野党第一党である。前身の民主党時代には政権の座についた。衆院選で政権交代を目指すなら、核になるべき立場ではないか。いくら苦戦が予想されるからといって、急ごしらえの新党に抱きつくとは。一致するのは安倍政権打倒だけで、政治理念や政策には違いがある。

▶まことに政界は一寸先は闇である。が、新党ブームを当て込んだ選挙互助会では、有権者の理解を得られまい。なにより党員・サポーターを愚弄している。都議選の敗因になったからもう口にしないだろうが、安倍晋三首相はこう思っているはずだ。「こんな人たちには負けられない」