希望の党・設立会見

「日本をリセットする」「しがらみのない政治」小池百合子氏が希望の党設立宣言

 綱領は「世界で深刻化する社会の分断を包摂する、寛容な改革保守政党を目指す」と明記。小池氏の意向を反映し「情報公開」「ワイズ・スペンディング(賢い支出)」も盛り込んだ。

 民進党内では、解党したうえで個々の議員が希望の党に合流する「解党論」が高まっている。柚木道義衆院議員は27日午前、党本部で大島敦幹事長に面会し「場合によっては発展的解党・新党が必要」などとする申し入れ書を渡した。