桂歌丸、誤嚥性肺炎で22日まで入院していた「死ぬかと思った」

「第11回芸協らくごまつり」の開会式に出席した前列左から桂米助、桂歌丸、三遊亭小遊三、春風亭昇太、後列左からザ・ニュースペーパー、ナイツの塙宣之、土屋伸之=東京・西新宿
「第11回芸協らくごまつり」の開会式に出席した前列左から桂米助、桂歌丸、三遊亭小遊三、春風亭昇太、後列左からザ・ニュースペーパー、ナイツの塙宣之、土屋伸之=東京・西新宿

 落語家、桂歌丸(81)が24日、東京都内で行われた「第11回芸協らくごまつり」の開会式に出席し、誤嚥(ごえん)性肺炎で22日まで入院していたことを明かした。

 関係者によると12日の午前3時頃、自宅で息苦しくなり横浜市内の病院に救急搬送。歌丸は周囲に「息が吸えなくて死ぬかと思った」と漏らしていたという。

 この日は鼻から酸素チューブを入れ、車いすに乗って登場。「一昨日、退院してきたばかり。まだ本格的ではない」と報告し、集まった人を驚かせていた。