衆院解散

安倍晋三首相会見詳報(5完)「小池百合子都知事とはフェアに戦いたい」、衆院選勝敗ラインは「自公連立政権で過半数の233議席」

 --今回の衆院選の勝敗ラインをどのように考えているか。2兆円の経済政策という話があったが、財源については消費増税の使途変更で全てまかなうつもりなのか。それでも足りない場合はさらなる企業、国民の負担増も考えているのか

 「まず、勝敗ラインでありますが、衆議院選挙は政権選択の選挙であります。いわば自公政権を選んでいただけるのか、あるいは野党政権を選ぶのかを決める選挙でありますから、当然過半数をとれば政権をとり、過半数をとれなければ下野する、私は辞任することになります。ですから目標は常に過半数、与党で過半数であります。これは、2014年の選挙の時にも申し上げましたし、また小泉(純一郎)総理の時の郵政解散でも与党で過半数ということを勝敗ラインとして掲げたわけであります」

 「しかし、この選挙戦は相当厳しい選挙戦になるわけでありまして、それは覚悟の上でありますが、全力を尽くして与党で過半数を上回らなければならないと考えています」