衆院解散

安倍晋三首相会見詳報(5完)「小池百合子都知事とはフェアに戦いたい」、衆院選勝敗ラインは「自公連立政権で過半数の233議席」

 --今日、東京都の小池百合子知事が、国政政党「希望の党」を立ち上げると表明した。小池知事は都議選で「都民ファーストの会」で圧勝して、自民党が惨敗した経緯もある。希望の党が国政、自民党、総理の戦いにどういう影響を与えるのか。自公協力についてはどういう影響を与えるのか

 「希望というのはいい響きだと思います。小池知事は、第1次安倍政権では安全保障担当の補佐官を務めてくれました。また、(女性)初の防衛大臣も第1次安倍政権で務めていただきました。つまり、安全保障、基本的な理念は同じだろうと、このように思います。政治手法において少し違うのかもしれませんが、いわばこの選挙においてはさまざまな政党がしっかりと、その政策を前面に打ち出しながら、建設的な議論を行うことによって、国民の期待に応えていきたい、このように思います」

 「いずれにせよ、東京都知事である小池知事とはですね、東京オリンピック、パラリンピックを成功させなければならないという共通の目標を持っています。その上で、選挙戦はフェアに戦いたいなと、こう思っています」