大阪府議補選は維新・中川氏が当選 - 産経ニュース

メインコンテンツ

大阪府議補選は維新・中川氏が当選

 堺市長選に立候補した元議員の辞職に伴う大阪府議補選(堺市堺区選挙区、欠員1)は24日、投開票が行われ、大阪維新の会公認の塾経営、中川覚仁(あきひと)氏(37)が、自民党公認で日本のこころが推薦する元自衛官、西村日加留(ひかる」)氏(31)、民進党、自由党、社民党が推薦し、共産党が支持する諸派の理学療法士、後給(ごきゅう)鈴菜氏(26)の2人を破り、初当選した。当日有権者数は12万1099人、投票率は44・08%だった。

 中川氏は、大阪維新代表の松井一郎知事や地方議員らの応援を受け、自民の府議や国会議員らが支援した西村氏らとの激しい選挙戦を制した。