香川・三豊市の地域商社「瀬戸内うどんカンパニー」に北川氏就任(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

香川・三豊市の地域商社「瀬戸内うどんカンパニー」に北川氏就任

「瀬戸内うどんカンパニー」のCUOに就任した北川さん(右)と横山市長=香川県三豊市
「瀬戸内うどんカンパニー」のCUOに就任した北川さん(右)と横山市長=香川県三豊市

 地元の特産品や観光資源の発信を担う香川県三豊市の地域商社「瀬戸内うどんカンパニー」の経営責任者、CUO(チーフうどんオフィサー)に北川智博さん(31)が就任した。法人を設立し事業を本格化させる。

 北川さんは高知県出身。中央大総合政策学部卒業後、ベンチャー企業「ミソスープ」(東京)を設立。農家の6次産業化支援や移住支援事業などを行っている。

 三豊市役所で開かれた記者会見で、横山忠始市長が「自然や農産物、おいしい店など三豊の良いところを線で結びつけ、アジア、世界から三豊にお見えいただく仕掛けができるのを夢見ている。『稼ぐ』ということに力点を置き、地域づくりに活躍してくれたらありがたい」とあいさつした。

 北川さんは「地域の産品に価値をつけ、世界に伝える仕事をしていきたい。地域のみなさんと一緒に誠心誠意がんばっていく」と抱負を述べた。