世界を読む

女性をネットで売る「ブラック・デス」の闇…ダークウェブに潜む悪意の深さ

これまでにも複数をオークションに

 欧州のメディアによれば、ブラック・デスとみられる組織による女性のオークションがダークウェブ上で行われているが、掲載されている写真などが実際に誘拐された女性かどうかなどは不明という。ただ、その悪質性は際立っており、ネット上ではその名が拡散しているようだ。

 CNNなどは、逮捕されたヘルバ容疑者が実際にブラック・デスのためにこれまでにも複数の女性を誘拐し、オークションにかけたと話している、と報じた。

 また、監禁されていたアイリングさんがなぜ解放されたのかについて詳細は不明だが、ヘルバ容疑者は、アイリングさんには幼い子供がいたことから、ブラック・デスではそうした女性を誘拐することは組織で禁じられていると説明したという。

 今回の誘拐事件は、存在が噂されながらも実態がつかめず、実在するかどうかも分からなかったブラック・デスの関与が初めて明るみに出たケースだけに、欧州の注目度は高い。司法当局はブラック・デスが実際に存在する組織なのかどうかも含め、捜査を続けている。

会員限定記事会員サービス詳細