「健康寿命」を延ばすには…和歌山県が生涯スポーツを推進

ねんりんピックのポスターとチラシをアピールする和歌山県の仁坂吉伸知事
ねんりんピックのポスターとチラシをアピールする和歌山県の仁坂吉伸知事

 和歌山県が高齢者の身体機能の維持や向上に効果的とされる生涯スポーツの振興に向けた取り組みを進めている。高齢化社会を見据え、年齢を重ねても日常生活を問題なく過ごすことができる「健康寿命」を延ばしていくのが目的。今後、県内で開催される「第32回全国健康福祉祭(ねんりんピック紀の国わかやま2019)」など大型イベントを契機に、県民への浸透を図っていく考えだ。

 「(生涯スポーツは)誰でも参加できる。健康にも良く、楽しいし、県でも盛んにしていきたい」。8月下旬の定例会見で、仁坂吉伸知事はこう語り、生涯スポーツの振興に意欲を示した。

 県長寿社会課によると、県内の高齢者数は2030年には約30万人にのぼり、高齢化率は36・2%。要介護認定者は8万人以上に達すると推計されており、介護保険料の負担増も懸念されている。県が生涯スポーツを奨励するのは、本格的な高齢化社会の到来に備えて県民の健康寿命を延伸し、生きがいづくりにもつなげるためだ。

会員限定記事会員サービス詳細