山尾志桜里氏不倫疑惑

アニー→東大→検事→民進党政調会長 華麗なる経歴と子育て 山尾議員の崩れた虚像

 東大法学部に現役合格。大学在学中に本も書いている。《「やるときはやればいい」というのが、私の考え方です》(『アニーの100日受験物語』)

 東大時代はラクロス部のマネジャーを務めた。『駒場三大巨乳』の一人だったとの噂については《まったく事実無根です(笑)》(週刊現代2016年4月16日号)。

 大学時代のゼミで「法と倫理」を学び、検事を経て政治家に。民進党の政調会長に就任した際には、《長男には「ママにとってあなたがいちばん大事だけど、困っている子供たちのために(政調会長を)やりたいの」と言うと「いいよ」って。(中略)夫からは「今まで以上にバックアップする」という言葉をもらい、決意が固まりました》(FLASH16年4月19日号)と明かしていたのだが…。