山尾志桜里氏不倫疑惑

アニー→東大→検事→民進党政調会長 華麗なる経歴と子育て 山尾議員の崩れた虚像

【山尾志桜里氏不倫疑惑】アニー→東大→検事→民進党政調会長 華麗なる経歴と子育て 山尾議員の崩れた虚像
【山尾志桜里氏不倫疑惑】アニー→東大→検事→民進党政調会長 華麗なる経歴と子育て 山尾議員の崩れた虚像
その他の写真を見る (1/2枚)

 妻子ある弁護士(34)との「禁断愛」報道で民進党に離党届を出した元政調会長(43)。密会疑惑については詳細な説明をしなかったが、ミュージカルの主役から東大法学部、検事、そして国会議員という華麗な経歴については、メディアで自分語りを繰り返していた。(夕刊フジ)

 「保育園落ちた日本死ね!」という匿名ブログを国会で取り上げて注目され、昨年の新語・流行語大賞を受賞した山尾氏は、自身の子育てについてこう語っている。

 《両親のサポートは欠かせません。幸いにも夫婦ともに両親が都内にいるので、両家が総出で子育てしています》《子どもと触れ合う時間は、なかなか持てませんよね。私も週に二回は夕飯を作って一緒に食べようと心がけていますが、実際には難しい》(月刊文芸春秋2017年6月号)

 山尾氏は小学校1年生の時に、研究者だった父親が東京にある大学の医学部に入学し、一家3人で仙台市から都内に越してきたという。《お風呂もシャワーもない小さなアパートに家族3人で住みはじめました。ホーローの流し台が私のお風呂だったことを、今では楽しい思い出として覚えています》(経済界16年6月21日号)

 小学6年でミュージカル「アニー」の主役を務め、「天才少女」と報じられたことも。《IQ・230? 毎年、通信簿に書いてあって、いつもそうだから別にどうとも思わない》(Emma1985年12月25日号)