民進・野球チームが福島の少年野球チームに大敗 マネジャーの山尾志桜里氏の離党も影響か…

民進・野球チームが福島の少年野球チームに大敗 マネジャーの山尾志桜里氏の離党も影響か…
民進・野球チームが福島の少年野球チームに大敗 マネジャーの山尾志桜里氏の離党も影響か…
その他の写真を見る (1/4枚)

 民進党の前原誠司代表が主将を務める党の草野球チーム「民進カチマス」が10日、福島県喜多方市で地元中学生チームとの練習試合に臨んだ。前原氏が党代表に就任した記念すべき初陣のはずが、前原氏はマネジャーの山尾志桜里元政調会長の不倫疑惑による離党もあって、欠場を余儀なくされた。チームの精神的支柱を失ったカチマスは中盤に差を広げられ3対10で敗北を喫した。

 カチマスは前原氏が主導となって党の融和を図る目的で昨年結成された党内グループ横断型の野球チーム。発信力向上を課題とする同党にとり、カチマスは絶好のPR材料になるともあって、前原氏が党代表に就くと早速練習試合が組まれた。

 ただ、肝心の前原氏は山尾氏の不倫疑惑のため急きょ出場を控えることに。約40人いるメンバーも地元回りや公務が重なり、10人弱しか集まらず、地元福島の県議や市議らの急造チームで決戦に臨んだ。

 試合序盤は東大野球部時代に投手としてならした階猛政調会長が先発ピッチングで相手中学生とは互角に渡り合った。攻撃でも斎藤嘉隆参院議員が一塁線への鋭い打球で先制し幸先のいいスタートを切る。

会員限定記事会員サービス詳細