北朝鮮危機・私はこう見る

なぜロシアは核保有国北朝鮮と共存できるのか ロシア極東連邦大学准教授 アルチョム・ルキン氏(40) 

 北朝鮮が崩壊すれば韓国に統合される。米国の同盟国である統一朝鮮が登場する。ロシアとの国境に米軍部隊が現れることをロシアは受け入れられない。

 ロシアは北朝鮮が核大国になることを望んでいない。しかし戦争か北朝鮮経済を窒息させない限り、北に核開発を断念させることはできない。そしてロシアはそのような手段に反対だ。つまりロシアは、核保有国としての北朝鮮と折り合いをつける用意がある。

 自国の隣に核保有国が現れることはうれしくない。一方で(核を保有する)パキスタンやインドなどの事例もある。ロシアは核保有国・北朝鮮とも共存することは可能だ。

 ロシアは北朝鮮の核兵器が自国に向けられていないことを知っている。北朝鮮の核兵器は気分の良いものではないが、ロシアの脅威ではない。(聞き手 黒川信雄)

会員限定記事会員サービス詳細