大津パルコ20年の歴史に幕 ファンら別れ惜しむ - 産経ニュース

メインコンテンツ

大津パルコ20年の歴史に幕 ファンら別れ惜しむ

 大津パルコ(大津市打出浜)が31日、営業を終了し、20年の歴史に幕を閉じた。同日夜の閉店セレモニーでは、多くのファンが別れを惜しんだ。

 同店は平成8年11月2日に開店。若者文化を発信するファッションビルとして、人気を集めた。ただ、近年は同市中心部で住民の高齢化や郊外の大型ショッピングセンターの誕生などで厳しい経営環境に置かれ、売上高もピーク時の4割程度に減少。昨夏、撤退する方針を発表していた。

 同店は顧客への感謝を表すとして今年6月から「閉店セール」を開始。最終日のこの日は、来店者に特徴的な外観の同店のイラスト入りうちわやポストカードが配布された。

 午後8時半で閉店した後、正面入り口前で竹井信治店長が来店者らにあいさつ。その後、店員らが一斉におじぎをして感謝の気持ちを表した。