紅い権力闘争(下)

露骨な側近政治、募る不満 コラム代筆者まで異例の抜擢

 軍内部の反発は水面下で広がっている。習は重用する第31集団軍出身の苗華(61)を海軍トップの政治委員に任命した。しかし、海軍経験が一切ない苗への反発が高まっているという。関係者によると、海軍内の会議で苗が発言すると、「針を落とす音も聞こえるような静けさに包まれる」という。無言の抵抗だ。

 秋の党大会を目前に控え、党、軍、政府のいずれからも、習への目立った反発の声は聞こえてこない。ただ、その静けさが逆に不気味に映る。(敬称略)

     ◇

 この企画は藤本欣也、河崎真澄、西見由章、三塚聖平、矢板明夫が担当しました。