F35ステルス戦闘機も参加し日米共同訓練 空自F15、米空軍B1爆撃機と

 航空自衛隊は31日、空自新田原基地(宮崎県)所属のF15戦闘機2機と、米領グアムから飛来した米空軍のB1戦略爆撃機2機、米海兵隊岩国基地(山口県)のF35Bステルス戦闘機4機が同日、九州周辺の空域で編隊飛行の共同訓練を実施したと発表した。

 空自戦闘機とB1爆撃機の共同訓練は頻繁に実施されているが、F35Bが加わったのは初めて。

 小野寺五典防衛相とマティス米国防長官が31日朝の電話会談で、北朝鮮に「目に見える形で圧力をかけ続けていく」ことで一致しており、さっそく日米航空戦力の強固な連携を示した格好だ。

 B1とF35は空自との訓練を終えた後、韓国軍とも共同訓練を行った。