横浜市長選で落選の長島一由氏、選挙ポスターはがしは「過失では起きないこと」、神奈川県警が被害届受理

長島一由氏
長島一由氏

 現職の林文子氏(71)が3選を果たした横浜市長選挙に関し、同市長選に立候補して落選した長島一由氏(50)が、市役所職員が泉区と緑区で公営掲示場のポスターを誤ってはがしたことなどに対する被害届を28日に提出し、神奈川県警が同日付で受理したことがわかった。長島氏は「単なる過失では起きないことが起きている。第三者の目できちんと捜査してほしい」とコメントした。

会員限定記事会員サービス詳細