外交ルートで「関心表明」 中国爆撃機の紀伊半島沖進出

紀伊半島沖で飛行が確認された中国軍機(防衛省提供)
紀伊半島沖で飛行が確認された中国軍機(防衛省提供)

 小野寺五典防衛相は25日午前の記者会見で、中国軍の爆撃機6機が24日に紀伊半島沖まで飛行し、航空自衛隊が緊急発進(スクランブル)で対応したことについて、外交ルートを通じ中国側に飛行目的の照会など関心表明を行ったことを明らかにした。

 小野寺氏は「国際上、問題のある事例ではないが、当然、中国側の意図を今後も分析し、照会していくことは必要だ」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細