【依存〜溺れるネット世界(5)】「サドンアタック」達人 現実世界は「ズタズタ」 バイト続かずギャンブルに盗み(1/3ページ) - 産経ニュース

速報

速報

高藤が今大会日本最初の金メダル 柔道男子60キロ級

メインコンテンツ

依存〜溺れるネット世界(5)

「サドンアタック」達人 現実世界は「ズタズタ」 バイト続かずギャンブルに盗み

ゲームの達人の現実世界は「ズタズタでみじめ」だったという(写真と本文は関係ありません)
ゲームの達人の現実世界は「ズタズタでみじめ」だったという(写真と本文は関係ありません)

 大阪府東大阪市出身の濱田健太(29)はオンラインゲームの世界で名の知れた存在だった。出場した大会で優勝して雑誌にも取り上げられ、大阪・鶴橋の駅で見知らぬ男性から声をかけられたこともある。女性にも正直、もてた。だが現実の世界は違った。

共通の話題は「ゲーム」だけ

 「ズタズタでみじめなものだった」

 濱田は、極端ともいえる人見知りで、新しい人間関係をつくるのが苦手だった。「人にどう思われるのか」。絶えず周囲の目が気になり、相手に悪く思われないようにと、いつも一歩踏み出せないでいた。例えば、進学した地元の私大の入学式。周囲の学生と何か話さなければと焦るだけで声をかけられず、結局、友人をつくれなかった。

 高校と違い、大学は出席の管理が厳しくない。自然と足は遠のき、前期で10回くらいしか大学の敷地内に足を踏み入れなかった。逃げた先が、高校生のころから好きだったオンラインゲームだった。

 ここなら、顔を合わすこともなく、何を話そうかと話題を考える煩わしさはない。共通の話題は、互いのパソコン画面に映るゲーム。濱田がはまった「サドンアタック」はチームによる対戦型の戦闘ゲーム。知らない者同士が仮想空間上で仲間となり、相手に勝つことを目指す。

 濱田は「本当に居心地が良かった」と振り返る。

昼夜逆転の生活 「午後10時からゲーム 朝に寝て夕方バイト」

 1年の夏休みに大学を退学。大学から返金された授業料を元手にゲーム専用のパソコンを購入する。