安倍晋三首相と3人の首相経験者が夕食会で同席 笹川陽平日本財団会長がブログで紹介

 日本財団の笹川陽平会長が23日、安倍晋三首相と、麻生太郎副総理兼財務相ら3人の首相経験者を山梨県鳴沢村の別荘に招いて夕食会を開いた際の写真を自身のブログに掲載した。

 夕食会は今月15日に開かれ、麻生氏のほか、森喜朗、小泉純一郎両元首相が参加した。

 笹川氏はブログで「森喜朗元首相の快気祝いを兼ねた今年(の夕食会)は、安倍首相のほか小泉純一郎元首相、麻生太郎元首相もおいで下さりにぎやかな夕食会となった」と説明し、安倍首相と3氏がテーブルを囲んで大笑いしている写真を紹介した。

 また、笹川氏は「日本の首相は世界一多忙である。海外訪問から帰国後すぐに、予算委員会審議などで連日6時間以上も拘束される国家リーダーは日本の首相をおいて恐らく他にない」と安倍首相をねぎらい、「激務の中、冷静で的確な判断力を維持するためにも時にはリラックスし、精神的にオーバーホールする時間が必要ではないか」と記した。

会員限定記事会員サービス詳細