浪速風

ジリ貧脱出は「おしい!民進党」をPRしてはどうか…

「おしい」を「おいしい」の一歩手前とした「おしい!広島県」がはしりと思うが、地方自治体の広告が面白い。なかでも宮城県の観光PRキャンペーンは、インパクト大だった。タレントの壇蜜さんを起用して、名物のずんだ餅を、セクシーな唇のアップで「ぷっくりふくらんだ、ず・ん・だ」。

▶何とも思わせぶりで、公開された動画投稿サイトの再生回数が300万回を超えた。一方で、女性団体や県議から「性的な表現で不快」と批判を浴び、抗議電話などが相次いだ。配信中止を決めたのもやむを得まいが、全国ニュースを広告費に換算すると…。してやったりではないか。

▶そこで民進党。代表選が行われているのに、代わり映えがしない顔ぶれで、話題にもならない。争点が共産党との共闘の是非では、政権交代を目指すどころか野党第一党も危うい。ジリ貧を脱するには、自画像を見つめ直すことだ。自虐的でも「ここが残念!」から再スタートするしかない。