ブロックチェーンで安否確認 国内初のアプリ配信開始

 複数のサーバーを使うためネットワーク上の仮想通貨などの取引が遮断されにくい「ブロックチェーン」と呼ばれる技術の特長を応用した、災害時の安否確認用スマートフォンアプリが22日までに配信された。ブロックチェーンを応用した安否確認アプリは国内で初めてという。

 システム開発などを行う電縁(東京都品川区)が開発したアプリ「getherd(ギャザード)」は、iPhone(アイフォーン)とアンドロイドのスマホに対応。インターネット上で公開されている仮想通貨「ビットコイン」の取引のためのソフトウエアを、安否確認のメッセージをやり取りするためのものに改造した。

 既存の安否確認アプリは大災害の際、サーバーに大きな負荷がかかって使えなくなる恐れがある。ギャザードは特定のサーバーに負荷がかからないため、こうした事態の発生を抑えられるという。

会員限定記事会員サービス詳細