勝ったマクド派「よっしゃ、ほな今日はこれぐらいにしとこか」カサノバ社長、関西弁でメッセージ

ツイッター上での「マック」「マクド」対決で「マクド」が勝利したことを受け、関西弁表示になったマクドナルド公式ホームページのメッセージ
ツイッター上での「マック」「マクド」対決で「マクド」が勝利したことを受け、関西弁表示になったマクドナルド公式ホームページのメッセージ

 日本マクドナルドは22日、同社のサラ・カサノバ社長が関西弁で語る会社メッセージをホームページ(HP)に掲載した。「マクド」と「マック」の2つのマクドナルドの愛称を競い合う同社のキャンペーンで、大阪や和歌山など関西を中心に使われる「マクド」が勝利したことで実現した。

 タイトルは「マクドからのメッセージ」で、カサノバ社長は自らを「ウチ」と呼称。「近頃ウチらマクドに対するお客様の期待はそれはもう高まってますねん。頼むで、ゆうて」などと記載した。経営姿勢を説明したあと、最後は「よっしゃ、ほな今日はこれぐらいにしとこか」と締めくくった。

 「マックなのか?マクドなのか? おいしさ対決!」としたキャンペーンは8月4〜20日に実施。関西と関東のそれぞれの地域色を出して開発した新商品へのツイート数などを競った。

 同社HPによると「マクド」の愛称を使うのは「マック」と混在する県を含めて関西、四国の11府県と少数派。同社はマクド派が勝利した場合、HPの一部を期間限定でマクド仕様に変更すると予告していた。ツイート集計では、マクドが51%で、49%のマックを上回った。

 カサノバ社長の関西弁のメッセージの掲載は28日までの予定。