【産経抄】日本固有に望みも 河童、妖怪にも化けたカワウソ 8月20日(2/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

産経抄

日本固有に望みも 河童、妖怪にも化けたカワウソ 8月20日

 ▼近江へ赴く人に松尾芭蕉は〈獺(かわうそ)の祭見て来よ瀬田のおく〉と詠んでいる。昔は水の澄む所ならば、どこにでもいたのだろう。江戸時代の図録には妖怪の一つに数えられ、美女に化けて人をたぶらかしたと載っている。カワウソにしてみれば迷惑千万な話に違いない。

 ▼「すわ日本固有種の生き残り」と今回のニュースに浮かれた世間が、一杯食わされたとしても文句は言えまい。「いやいや、あなた方に比べれば」。かの小動物に言葉があるなら言うだろう。幻の獣へと追いやったのは他ならぬ人間だった。狐狸(こり)妖怪など、何ほどのこともない。