ひなちゃんパパの家族レシピ

ほぐした身の塩味と生野菜の爽やかな風味 干物とセロリの混ぜ混ぜサラダ

冷蔵庫を開けたら、アジの干物が1枚だけ残っていました。残り物でパパッと一品作れる料理上手に憧れるけれど、干物1枚を3人分にするのは至難の業ですよね。

「身をサラダのトッピングにするのはどうかしら?」と、江上料理学院副院長の江上佳奈美先生が勧めてくれました。干物をサラダに…。カットした野菜の上に、焼いた干物をどんとのせた姿を想像して、ちょっと吹き出してしまいました。

「いえいえ、それだと特にひなちゃんは食べにくいでしょう。焼いてから骨と皮を丁寧に取って身をほぐすの」と江上先生。

そして「この野菜と合わせてマヨネーズであえてみて」と、江上先生が手にしたのは何とセロリでした。

まず、茎の表面にある出っ張った筋を除きました。端に包丁を当てて筋を持ち上げ、葉の方へ向かってはがすように取るのがコツ。薄切りにし、塩をふって軽く水分を抜いてしんなりさせます。焼いて身をほぐしたアジの干物と合わせてマヨネーズであえます。干物にも塩分があるのでこれで味が決まるとか。好みの生野菜と一緒に器に盛れば完成です。