コリア実況中継!

性犯罪前科者をGPS監視 導入10年目、再犯減少も…日本は?

【コリア実況中継!】性犯罪前科者をGPS監視 導入10年目、再犯減少も…日本は?
【コリア実況中継!】性犯罪前科者をGPS監視 導入10年目、再犯減少も…日本は?
その他の写真を見る (1/3枚)

 性犯罪者の再犯防止に向け、対象者の足首に衛星利用測位システム(GPS)機能のついた足輪を装着させ、常時行動を監視する法制度が韓国で2008年に施行されてから、今年で10年目を迎えた。装着者は2800人を超え、韓国政府が着実な成果を強調する一方で、足輪をつけた状態で再犯に及ぶ事件も目立っている。制度の改善を急ぐ韓国とは対照的に、日本では東日本大震災の発生を境として、議論自体が止まったままになっている。

(外信部 時吉達也)

■足輪装着したまま女子トイレ侵入

 7月26日未明、ソウル近郊、城南市の商店街の一角。全力疾走でそれぞれ別々の方向に走り去る男女を、長さ20センチを超える包丁を手にした男が追う。防犯カメラに収められたショッキングな映像は、各局のニュースで大きく取り上げられた。

 女子トイレに侵入して21歳の女性への性的暴行を図り、その後付近にいた女性の知人男性を包丁で刺したなどとして逮捕されたのは、近くに住む38歳の男。強盗強姦の罪で6年間服役し、13年に出所したこの男は、ジーンズで隠された足首に電子足輪を装着していた。

■再犯率は1/8に減少

 再犯率の高い性犯罪の防止に向け、08年の「特定性暴力犯罪者に対する保護観察と電子装置装着等に関する法律」施行でスタートした電子足輪制度。居住地から半径2キロの監視範囲から外に出たり、指定された制限区域に立ち入ると24時間体制で保護観察所に報告される仕組みだ。

会員限定記事会員サービス詳細