東北・ダンス甲子園

スモールクラス

 最高学年ならではの悩みも。それぞれの進路を考え大会直前まで出場するかためらった。それでも「今までの集大成を」と全員でステージに立とうと決意。全学年合同の練習で使用していた思い出の曲を据え、全国に挑む。

 「ぶつかってもお互いに腹を割って話し合ってきた。ダンス部がいるから学校に来るくらい」とチームの結束は固い。田中さんは「悔いなく思いっきり楽しんで日本一になれるように頑張りたい」と抱負を語った。

 主催 産経新聞社、ストリートダンス協会

 共催 BSフジ、関西テレビ放送

 後援 スポーツ庁、全国高等学校体育連盟ほか

 特別協賛 エースコック

 オフィシャルパートナー 

      大塚ホールディングス

 運営統括 ブルースプラッシュ

会員限定記事会員サービス詳細