菅義偉官房長官「業務妨害、看過できない問題」 中国語の迷惑メールに適切に対応する考え

 菅義偉官房長官は15日午前の記者会見で、衆院議員が公務で使うメールアドレス宛てに中国語の迷惑メールが大量に送られた問題を受けて、適切に対応する考えを示した。「迷惑メールによる業務の妨害は看過できない問題だ。政府としてフィルタリング(接続制限)などの対策を周知し、関係機関と連携していきたい」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細