御巣鷹慰霊の日 全日空機が羽田に緊急着陸 「酸素マスクが下りてきた」「バンと音がして上昇中にも異音が…」 SNSに続々書き込み

羽田空港に緊急着陸した全日空37便の飛行経路。相模湾上空で方向を大きく変えたことがうかがえる(航空機レーダー追跡サイト「フライトレーダー24」より)
羽田空港に緊急着陸した全日空37便の飛行経路。相模湾上空で方向を大きく変えたことがうかがえる(航空機レーダー追跡サイト「フライトレーダー24」より)

 12日夕、羽田発大阪行きの全日空37便が機内の気圧トラブルのため羽田空港に緊急着陸した。国土交通省や全日空が原因を調べているが、折しもこの日は日航機墜落事故からちょうど32年の慰霊の日だった。発着空港も、出発時刻も、予定到着時刻も日航機123便とほぼ同じ。ツイッターには乗客からとみられる投稿が相次ぎ、「何か日航機墜落事故の犠牲者の魂が旅行者を守ってくれてるみたいで、不思議な気持ちになった」という書き込みもあった。

 最も詳細を記した書き込みは「ANA37便 羽田18時発に搭乗したところ、1824頃の離陸の際にバンと大きな音がし、その後の上昇中もガーという音が続き、振動がシートに伝わる状況でした」という投稿。投稿主は詳細に状況を記し、「上昇を続けるうちに大きな音と振動は収まりましたが、鼓膜がカチカチ音がして痛みを感じました。また暖房のような生暖かい風を感じたら降下している感じになったところで、『緊急降下中、マスクをつけてください』とのレコードアナウンスとともに、急に酸素マスクが下りてきました」と書かれていた。